しみ・しわでお悩みの方におすすめの食べ物ナビ

コラーゲンの摂り方

コラーゲンが、特に肌との関連性が注目されるのは、
皮膚の乾燥重量の70%がコラーゲンで形成されているからです。
コラーゲンの立体構造を埋めているのは、
保水・吸収力の高いヒアルロン酸ですが、
コラーゲンが減ると真皮の容積がちいさくなり、
ヒアルロンさんが減り、真皮中の水分も減少して肌の張りが失われてしまいます。

 

そこで、コラーゲンを上手に摂っていくことが必要です。

 

多すぎてもいけませんし、たりなくてもいけません。
また、上手に摂ることで、コラーゲンの力を最大限に引き出すことができます。

コラーゲンの摂り方のコツ

(1) 十分な量のコラーゲンを摂る

 

コラーゲン摂取は、健康のために一日に必要な量(1日1000〜5000mg)を踏まえ、
十分な量のコラーゲンを摂取するようにしましょう。
ですが、極端にとりすぎてしまうと腎臓に負担がかかるので注意してください。

 

コラーゲンがたくさん含まれている食材は、牛肉のスジ、牛タン、鶏の手場先、鶏の軟骨、鶏皮、
豚足、豚のレバー、あじ、いわし、カレイなどがあります。

 

(2) ビタミンCと一緒に摂る

 

ビタミンCを一緒に摂りましょう。
コラーゲンは体内で消化され分解され、アミノ酸として吸収されます。
このアミノ酸を材料に、各臓器でコラーゲンが再び組み立てらレルのデスが、
その働きをサポートするのがビタミンCです。
つまり、コラーゲンの力を十分に得ようとおもうのであれば、
サポート約であるビタミンCを一緒に摂る必要があるのです。

 

(3) 毎日コラーゲンをとる

 

「コラーゲンたっぷりツアー」など、一度にたくさんのコラーゲンを摂取しても、
あまり効率的ではありません。
毎日、適量を続けて摂ることが大切です。
サプリメントなどを利用するのも一つの方法ですね。
コラーゲンのサプリメントを利用する場合は、質が良く安全で、
含まれるコラーゲン量が多いものを選びましょう。
ひと口にコラーゲンと色々なタイプのものがありますね。
毎日飲むとなると、経済的にも大変です。

 

(4) 睡眠

 

皮膚の新陳代謝が最も活発になるのは、午後10時から翌日の午前2時ごろです。
ですから、この間の時間はしっかり眠っておきたいものですね。
睡眠不足は、美肌の大敵です。
角膜や歯具器などにも多くのコラーゲンが使われています。
コラーゲンを摂ってしっかり眠ることで、
視力UPや、白い歯とピンク色の歯茎の維持にも効果が出るでしょう。