しみ・しわでお悩みの方におすすめの食べ物ナビ

豆乳の美肌成分

豆乳の美肌成分には、「イソフラボン」、「ビタミンE」、
「ミネラル」、「サポニン」、「植物性脂肪」などがあります。

 

豆乳は、飲んでも、肌につけても効果が得られます。
健康や美容のために、豆乳を毎日飲んだり、お肌につけたりして、
豆乳の効果を得ていきたいですね。
お肌に直接つける場合は、成分無調整のものにして、
必ずパッチテストを行ってください。

 

イソフラボン

 

イソフラボンは、大豆の成分の中でも、最も注目したい成分です。
大豆の胚芽に含まれるポリフェノールの一種で、
女性ホルモンに似た構造を持っています。
女性らしいきめ細かな肌を保つ作用があります。

 

ビタミンE

 

ビタミンEは、肌を老化させる活性酸素や脂肪の過酸化を防ぐ成分です。
細胞膜を強化する働きもあり、肌の健康を保つための必須成分です。
美肌作り、肩こりの予防・改善にも効果があります。

 

ミネラル

 

大豆に含まれるミネラルとは、カリウム、マグネシウム、亜鉛などで、
吸収されやすい形で含まれています。
このミネラルは、皮膚の酵素の働きを活発にし、
皮膚の新陳代謝を促進させます。

 

サポニン

 

大豆サポニンは、脂肪の蓄積を防いでくれます。
老化の原因になる脂肪酸の酸化を防止し、
活性酸素の作用も抑えてくれますし、
血液中のコレステロールを低下させる働きもあります。。

 

植物性脂肪

 

豆乳に含まれている脂肪は、不足すると皮膚症状や頭痛、関節のむくみ、
不妊などのトラブルを引き起こすといわれる必須脂肪酸の
リノール酸やリノレン酸がたくさん含まれています。